世界遺産・武当山と武漢の旅 5日間
企画者からのこだわりポイント
世界遺産の武当山は、湖北省十堰市にある72 峰からなる広大な山で、主峰は天柱峰(標高1612m)です。映画「グリーンデスティ二ー」の舞台になった道教の聖地でもあり、また中国武術の武当拳発祥の地でもあります。明の時代には約500 ケ所の道教建築がありましたが、今もなお約130ヶ所の古建築が残っています。「北の故宮、南の武当山」と讃えられている壮大な建築群をご堪能ください。
スケジュール・宿泊・食事
夜:
成田空港より航空機にて武漢空港へ(※直行便利用)
武漢空港着
≪武漢泊≫ 朝:   昼:   夜:
午前:

午後:
高速鉄道にて「十堰」へ(所要約4時間)

専用車にて、武当山麓へ(所要約30分)
武当山景区の専用バスに乗り、武当山中腹へ
武当山の中心的な道教寺院◎紫宵宮、絶壁に建つ◎南岩宮を見学
≪武当山中腹泊≫ 朝:   昼:   夜:
午前:


午後:
武当山頂上にある◎金殿
武当山景区の専用バスに乗り、武当山麓へ

専用車にて十堰へ(所要約30分)
高速鉄道にて、「武漢」へ(所要約4時間)
≪武漢泊≫ 朝:   昼:   夜:
4   午前:

午後:

 夜:
西洋建物が残る△沿江大道
五百羅漢で有名な◎帰元禅寺

武漢市のシンボル◎黄鶴楼
湖北省博物館

≪武漢泊≫ 朝:   昼:   夜:
5    朝:
午後:
 
武漢より航空機にて、帰国の途へ(※直行便利用)
成田空港着
朝:   昼:   夜:
※日程表の表記時間は全てその現地の時間です。
※時刻改正または現地のやむを得ない事情により、日程や見学先が変更される場合があります。
※時間帯の目安:早朝/04:00〜06:00、朝/06:00〜08:00、午前/08:00〜12:00、午後/12:00〜16:00、
        夕刻/16:00〜18:00、夜/18:00〜23:00、深夜/23:00〜04:00
※日程表内記載の記号の見方:◎入場見学、○下車見学、△車窓見学 
旅行代金(お一人様/2名様一室利用)
出発日 旅行代金
6/1〜30、7/1〜10、
9/1〜11、10/15〜31
218,000
 7/11〜31、8/1〜7、8/23〜31 225,000円 
●お1人部屋追加代金:25,000円(4泊分)
●別途、燃油サーチャージおよび空港税が必要となります

■利用航空会社:全日空(NH)
■利用予定ホテル:武漢/帝盛酒店(4☆)
         武当山(中腹)/太極会館(3☆)
                 天禄度假村(3☆)
■食事:朝食4回、昼食3回、夕食3回
■最少催行人員:2名様
■添乗員:なし(現地日本語係員が対応します)

   黄鶴楼
223年、呉の孫権によって蛇山に築かれた楼閣です。たびたびの戦火に見舞われ、現在の姿は1868年に建てられたものです。高さ50.4mで5階建てです。
当初は見張り台として建てられましたが、後に文人墨客が訪ねる武漢の名所となり、李白の漢詩、江南3大名楼として有名です。

トップページへ