中国旅行添乗員レポート

VOL.6 2010年9月1日発  7日間
大阪支店
国島 輝雄
トコトンがんばるぅ!おじさん添乗員日記!
2年ぶりの添乗でした。団体は今回16回目の旅行となるオーガナイザツアーで、25年以上お付き合いがある 女性中心のツアーです。団員の方も昔は若かったけど、そのまま25年経過しました。 昔はみんなお姉さんでしたが・・・今は大阪の普通のおばさん達ですぅ。 まぁ私も普通のおじさん添乗員になっているのでお相子です。

訪問したのは秘境中の秘境?って言われた事もある九賽溝・黄龍あと楽山と上海万博。9月1日の学校始業もあって現地は空いていました。ガイドさんが最大1日2万人と言っていましたが、今回は3,000人位との事。混雑もなくスムーズに日程を消化しましたが、今回搭乗した国際線1回、国内線4回全て遅延になり、結局いつもの添乗員ストレスが溜まって毛が抜けそうになりました。
今回の日程は次の通りでした。
1日目:関空~北京~成都~楽山
2日目:楽山~成都
3日目:成都~九賽溝
4日目:九賽溝
5日目:九賽溝~成都
6日目:成都~上海(浦東)
7日目:上海~関空

見て判るように、1日目の移動が大変でした。
楽山で取る予定の豆腐宴会が遅延によりキャンセルとなり、
成都でレストランを探し2軒目で遅い夕食となりました。  
1日目 北京空港での団体チェックイン
カウンターはたくさんありましたが、13時をまわっているのに係員のいるカウンターは一つのみ、しかもCAの職員が他キャリアを代行しています。当団(3U)の前にはマナーの悪そうなドイツ人グループ(西安行き)がいました。
ドイツ語でちゃんと並んでてきぱきとやったら!って言いたかったのですが、ドイツ語はダンケ・シェンとイッヒ・リーベ・ディッヒしか知らないので、係りの人に急いでって中国語で言いましたが、理解できなかったのか相変わらずのんびり・ゆっくりやっていました。
乗り換え時間が2時間30分あったので焦りませんでしたが、もっと混み合っていればやばい気がします。
まぁ結局2時間遅延したので関係はなかったですが・・・  
 

  10日ほど前に起きた国内線事故のため、手荷物検査がかなり厳しくなっていました。
  電池が入ったスーツケースは全てひっかかり開けられました。現在、電池類関係は手荷物をお勧めします。
  今回国内線4回乗りましたが全てチェックが厳しかったです。

2日目 楽山での観光は濃霧のため予定していた船に乗れず、1時間の徒歩見学に・・・
徒歩だと大仏の全体像が見られへんので残念に思っていましたが、帰る頃晴れてきたので、船の観光を追加することが出来ました。めでたしめでたし。
夜の成都での陳麻婆豆腐店、有名だけど私の口には微妙に合いませんでしたがお客様には好評でした。
やっぱり中華は大阪がええです。
 

楽山   楽山 乗船観光
 

武候祠で研究所から研究員が日本語で説明してくれるとの事、さすがに立派に説明してくれましたが、最後に強引にお店に連れて行かれました。
結局いつものパターンで研究員だか販売員だか何がなんやら正体不明でした。(前にも何回も経験しているのに・・・・)
そうそう陳麻婆豆腐店の服務員さんも同じ、やたら日本語上手いと思ったら食事の終わり頃に販売員に早変わりです。 
 

3日目 成都の市内観光    
パンダ保護基地   パンダ保護基地
     
皆さんパンダ保護基地では終始笑顔で楽しんでいらっしゃいました。
赤ちゃんパンダの抱っこ写真は一人3~4分で1,000元です。赤ちゃんといっても1歳くらいの子で結構大きいです。

3日目が終了し、いよいよ九賽溝へ移動です。
国内線がまたまた90分遅延・・・添乗員は若干焦るも、お客様は平然とされていました。
いつものお弁当も配られました。(ちょ~微妙な味でした。)


4日目 いよいよ秘境『九賽溝・黄龍』の観光へ出発!
あいにく朝から小雨が降っている・・・・・でもガイドさんが
『九賽溝は雨が降っても、係のものが絵の具で色をつけてますので、水の色は変わりません』の一言に皆納得!
張り切って観光へ向かいました。
九寨溝  九寨溝
 
皆さん遠くまで来た甲斐がありました。団員の皆さんは2日間たっぷり九賽溝と黄龍を楽しみました。
 
九賽溝のあとは、ただいま開催中の上海万博へ行きました。
朝早くから並びましたが、チェックも厳しくかなり時間が掛かりました。
たぶん40~50分は行列したでしょうか?入り口はB-1で中国館に近く比較的どこの地区にも行きやすい場所でした。
まず、トイレ・休憩所(ミスト付き)・飲料販売店・みやげ物店・アイスクリーム屋さんは結構多いです。
トイレは男女とも清潔で、安心して使用できます。
喫煙所は少ないので愛煙家の方はちょと苦しいかも・・・。
14時に再集合し帰国の途に着きましたが、この時間になると入場者もまばらで空いています。午後入場もいいかも知れません。
夜はライトアップが綺麗から入場者も増えるのかな?
上海万博

今回の添乗はお客様24名で少し多めであった事もあり、人数確認や緊急時連絡など結構大変でした。
まぁ全員無事に帰国できましたので、遅延5回の事は忘れて日々の業務に戻ります。
次回は何時の添乗になるか判りませんが、写真交換会で“がっつり”次回の宣伝をして来たいと思います。
(完)



 資料:上海 龍之夢ルネッサンスホテル     5星の高級ホテル
団員さんのある部屋はめちゃくちゃ広かったです。風呂場の窓(シティビュー)が大きく上海市内が直接良く見えました。
団員さんのある部屋 団員さんのある部屋

戻 る

  (C) 2003.All Right Reserved. 日中平和観光株式会社